冷蔵庫運搬

冷蔵庫の運搬が安くて簡単になる方法

冷蔵庫運搬

冷蔵庫 運送

冷蔵庫 配送

冷蔵庫 運ぶ

冷蔵庫 運搬

 

生活に欠かせない家電、冷蔵庫。

 

しかし大きくて重いため、ちょっと動かすのも大変な家電です。

 

以前自分で運ぼうと思って、軽トラックを借りたのですが横にしてもいいものなのか、肝心の乗せ方がわかりませんでした。

 

結局、トラックのレンタル代や友達へのお礼などで思ったよりも安くならなかったのです。

 

冷蔵庫の運搬は、業者の数が多い引越し業者がオススメです。
じつは冷蔵庫だけを運んで欲しいという依頼は、驚くほど多いのです。

 

しかも引越し業者は一括見積もりができるので、1番安い業者を探す手間もかかりません。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

一度情報を入力するだけで、最大10社から見積もりを取ることができます。

 

相場はもちろん、最安値も簡単に見つけることができますよ。
ぜひご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの費用と時期

 

引越しの費用は時期によって変わるのを知っていますか?

 

引越し費用時期

 

引越しには繁忙期というとにかく忙しいシーズンというのがあります。
1年のうちで最も引越しが多い繁忙期は3月で、新学期の直前です。

 

長かった大学受験が終わって進路が決まったという大学生や、何度も面接をして会社に就職したばかりの新社会人。
会社の人事異動で新年度を新しい場所で迎えるサラリーマンに方々が一斉に移動する時期が繁忙期なのです。

 

もちろん引越し業者もいつもより人手を増やして備えますが、全然足りない状況なのです。
繁忙期は引越しそのものを受けつけてもらえないということもあり得る、そんな時期なのです。

 

繁忙期は人件費のコストが上がるため、どうしても通常期に比べると引越し価格が高いのです。

 

もし出来るならば引越しは繁忙期を避けて、他の月に行ったほうがいいです。
しかし繁忙期にしか引越しできないのであれば、できるだけ早く新居を決めて引越し業者一括見積もりを行いましょう。

 

面倒だからと見積もりを先延ばしにするほどに、安くて良い引越し業者の予約は取りにくくなるのです。
繁忙期でも早めに準備すれば少しは安くできますので、頑張ってくださいね。

 

引越しのあいさつ

 

引越し繁忙期

 

引越ししたらご近所に挨拶に行きましょう。

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行くといいとおもいます。
どうしてかといいますと先延ばしにすると行くのが面倒くさくなったり、先に道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりするからです。

 

引越し当日までに粗品を用意しておいてすぐに挨拶に行くのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子がおすすめです。
タオルや洗剤などの消耗品も喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行きましょう。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制で清掃を行っているところが多いです。

 

町内会は地域の祭りなども開催しているので、一軒家の方はなかなか無視できない存在です。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですね。

 

 

引越しの手順

 

引越しの手順

 

引越しには多くの手順がありますので、どの時期に何をするべきが把握しておくとスムーズになります。
おおまかな引越しの手順を確認してください。

 

・まず新居を決まったら、引越し業者に見積もりを依頼します。
引越しの価格は物件の条件によっても変わるため、正確な引越し価格を計算するには新居が決まらなければならないのです。
エレベーターの有無、トラックを横付けできるかなど細かい条件によって値段が違うのです。
複数の引越し業者から見積もりを取れば、相場や最安値もわかります。一番良い引越し業者と契約してダンボールももらいましょう。

 

・荷物を梱包したり、不用品の処分などを行います。
引越しが決まったら使わないものからどんどんダンボールに詰めます。
この機会に不用品はあげる、売る、捨てるなどして処分して、できるだけ荷物を減らしましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出します。(2週間前〜)
市外へ引越しする際は転出届を提出しましょう。
ついでに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社に連絡をして、詳細や精算方法などを確認しましょう。
電気やガス、水道などのインフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。
精算については会社によって違うので、詳しく聞いておきましょう。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続きを行います。(届出から1年間有効)
郵便局に転送の手続きをしておけば、1年間は新居に転送できます。
その間に引越しハガキを作ったり、メールやLINEで引越ししたことを知り合いに告知しましょう。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれますので、家具の配置、ダンボールの置き場所など細かい指示をしましょう。
神に書いておく、ダンボールに書いておくと、自分がいなくても指示が通るので便利です。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出します。
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをします。
頻繁に使うものはダンボールに分かりやすく記載しておくと便利です。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行います。
運転免許証ややパスポート、銀行カードやクレジットカード類、各種保険などは住所変更の手続きが必要です。
免許証は身分証にもなりますので、早めに行いましょう。

 

 

引越しの費用を安くするコツ

 

引越し費用を安く

 

引越しにはお金がいろいろかかりますね。
できれば引越し費用を安くしたい!そう思いませんか?

 

それならいくつかコツがあります。

 

まず荷物の量ですが、荷物が多いと引越し費用が当然高くなります。
不用品はありませんか?
不用品を新居に配送するにもお金がかかるわけですから、もしいらないのであれば引越し前に処分しましょう。

 

次は時期の見直しです。

 

3月前後は繁忙期なので、1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
できればこの時期は避けたほうがいいです。

 

もしどうしても繁忙期を避けられないのであれば、引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って契約してしまいましょう。 

 

なぜなら安くてサービスの良い引越し業者から予約が埋まっていくからです。
繁忙期の引越しは、契約までの時間が経てば経つほど不利になります。

 

同じ様に土日祝日は引っ越し希望者が多いので、平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

時間で言うと午前中は人気があるので費用は高め、午後は安くなる傾向があります。
さらには時間が指定できないフリー便なら、かなり引越し費用がお得になります。

 

費用が高い長距離の引っ越しは、単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
荷物が多い場合は一括見積もりをして一番安い業者を探すのが最良の方法です。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

訪問見積もりのすすめ

 

訪問見積もり

 

以前は引越しの見積もりといえば訪問見積もりが主流でした。
やはり百聞は一見にしかずで、見積もりの際に実際の物件や荷物を見ながらの見積もりは金額の見積もりが正確です。

 

廊下が狭くて運び出せない荷物があるとか、前の道が狭くてトラックが入れないとかそういう所も引越し金額を左右します。

 

今は一括見積もりが主流ですが、立ち合い見積もりをされる方もいます。
わざわざ来てもらうのは申し訳ないと思いますが、引越し業者の営業さんの大事な仕事なので気にしなくて大丈夫です。

 

・強い営業の方に負けて契約してしまったけど、他のところのほうが良さそう。
・ダンボールを沢山置いていかれたので、契約するしかなさそう。

 

こういう心配があるかもしれません。
しかし引越し業者の契約にもクーリングオフが出来ますし、キャンセルも契約日の2日前までなら出来るはずです。
ダンボールも使わなければ返却することが出来ますから、気負う必要はありません。

 

やはり最後は人が決め手になりますから、この人にお願いしたいなという営業さんを選んでくださいね。

 

 

 

 

冷蔵庫宅配 冷蔵庫の運び方